東一 あずまいち 五町田酒造東一 あずまいち 五町田酒造東一 あずまいち 五町田酒造
東一 あずまいち 五町田酒造東一 あずまいち 五町田酒造東一 あずまいち 五町田酒造
東一 あずまいち 五町田酒造東一 あずまいち 五町田酒造東一 あずまいち 五町田酒造
T O P銘柄一覧お買物方法お問合せ一つ前へ戻る
TOP > 東一

五町田酒造 株式会社





良い酒は北国に多い・・・
  雪に囲まれた蔵の中では、熱き思いを持った蔵人が・・・
   ○○県は米どころ、酒どころ。冷涼な雪解け水で仕込んだ・・・

 少し前に、良くこんなセリフを耳にました。俗に言う「地酒の雪国イメージ」です。確かに「雪」が酒造りにもたらす素晴らしい効果は、はかりしれません。しかし、その天からの恵みを活かすも殺すも「人」次第です。

 「え?佐賀県の酒?ホントに美味しいの?」・・・・
「東一」を扱いはじめた頃、お客さんにオススメした時に決まって帰ってきたセリフです。(笑)そんなお客さんには、必ず試飲していただきました。帰ってきたセリフは決まって「これ美味しいね!」です。
 九州吟醸をリードする「東一」は、温暖な気候のハンディを、英知と努力で乗り越えた酒蔵です。

 まず、何といっても天才酒造技師・勝木慶一郎さんの存在。「東一」は勝木さんの永年の経験とデーターのたまものといっても過言ではありません。多くの若手蔵元が勝木さんを慕い、蔵を訪れるそうです。
 そして自家栽培の山田錦の存在も忘れられません。蔵の周囲は、山田錦の水田。それらを蔵人が直接手をかけて育てています。自分達の酒造りに適した山田錦の栽培が可能で、これは他蔵には無い、最大のメリットといえます。

 このように、「東一」は独自の酒造理念のもと、素晴らしい酒を造られているのです。蔵人が山田錦を育てて、その恵みを酒で表現する。。。ブルゴーニュの偉大なるワインのように。。。
 
 今まさに21世紀の酒造りを実践している蔵が、日本酒ではマイナーな佐賀県にあること自体、私は痛快でなりません。 魅惑的なパッション溢れる香り、日本酒の可能性を広げ続ける進撃な造り手達の熱きメッセージをゼヒ!


Copyright(C) SakenoSakaeya All rights reserved. Never reproduce or republicate without written permission.
Mail info@jizake.biz
Top http://www.jizake.biz