地酒 通信販売地酒 通信販売地酒 通信販売
黒龍 通信販売地酒 通信販売地酒 通信販売
黒龍地酒 通信販売黒龍
T O P銘柄一覧お買物方法お問合せ一つ前へ戻る

     豊醇無盡 たかちよ グリーン しぼりたて生原酒 おりがらみ


 新潟県南魚沼市という県内きっての豪雪地帯に蔵を構えるのが高千代酒造です。「豊醇無盡・たかちよ」は色んな果実を連想させる味わいに仕上げていくシリーズ。高千代酒造の中でも特に人気のあるシリーズで、割り当て商品となっております。このグリーンのテーマは「グレープフルーツ」です。

 グラスに注ぐと滓がらみのため、淡く濁っています。わずかな微炭酸も見られますが、ほぼ無いといったレベルです。
 立香は適度に華やかです。グレープフルーツや洋ナシ、白ブドウような自然な香り、ミンティーで爽やかな香りや、ミネラルを感じさせる香り、さらに新緑や笹の葉といったフレッシュな香りが印象的です。含み香もグレープフルーツや黄色い果実の香りがします。

 口当たりは滓がらみ由来のトロリとしたアタック。リッチさを感じさせます。新酒なのに大変まろやかなのはさすがです。
 味わいはフレッシュでイキイキとした甘味が最高です。そしてフルーティーで広がり感がある旨味がそれに続きます。酸味は程よい甘酸っぱさがあり、キュートな印象を受けました。それぞれの味わいのバランスが良く、しぼりたて新酒の良い所ばかりを詰め込んだような味わいになっています。

 アフターは奥行のあるほろ苦さを感じさせます。甘酸っぱい風味と心地良いほろ苦さはまさしくグレープフルーツ!!お客様の中には「キリン メッツのグレープフルーツ味のよう」と表現された方もいらっしゃいました。
 しぼりたてのフレッシュさ、滓がらみのトロり感、ほろ苦さからくる果実感などなど、この酒の魅力は尽きません。飲み頃温度は10〜12℃。キリッと冷やしてお楽しみください。

日本酒度
非公開
酸 度
非公開
原料米
非公開
精米歩合
非公開
酵 母
非公開
アルコール度
15度
タイプ
芳醇旨口
保 存
冷蔵庫
1800ml     3,000円 (税別)

720ml     1,500円 (税別)
(注) 買い物かごが作動しないときは、こちらの注文フォームをお使いください。

 


     不老泉 山廃純米吟醸 うすにごり生原酒 28BY
不老泉 山廃純米吟醸 うすにごり
 この酒を醸すの「不老泉」は酵母添加を一切せず、蔵の空気中に浮いている天然酵母のみを用いた本来の山廃仕込み、そして木槽天秤しぼりという非常に贅沢な搾り方にこだわる素晴らしい酒蔵です。この酒も山廃純米吟醸のうすにごりという、大変珍しい「不老泉」ならではの味に仕上がっています。

 立香はバナナやデリシャスリンゴ、焼き菓子を思わせる甘い香りが印象的。伝統的な山廃仕込ならではの素直な香りが好印象です。含み香もバナナや乳酸製品のような甘酸っぱい香りがします。全体的に非常に豊かに香ります。
 口当たりは新酒特有の荒々しさは無く、むしろ角が取れて引っかかることなくスムースに舌を滑ります。おりがらみ故のマイルドさも感じられ、非常に飲みやすいアタックとなっています。
 口に含んでます最初に感じるのは山廃仕込みならではの芳醇なニュアンス。更には適度なコクを備えた旨味、親しみやすい甘味のなど五味のバランスに優れており、誰が飲んでも「旨い!」と感じさせる味わいに仕上がっています。

 後口は山廃ならではの分厚くてまろやかな酸味が全体を見事にまとめています。そして控えめな甘味が後を追い、最後に余韻としてバナナのような風味が口中に長く残ります。この酒は山廃仕込みの良い部分だけが表現された、本当に素晴らしい酒だと思います。「しぼりたて」や「うすにごり」は好きだけど、どの酒も似たような味わいだと思っていらっしゃる方、この酒をぜひ飲んでください。速醸もとでは表現しきれない、独特の風味に思わず盃がすすむことでしょう。

日本酒度
+3
酸 度
2.2
原料米
山田錦
精米歩合
59%
酵 母
天然酵母
アルコール度
17.5度
タイプ
芳醇旨口
保 存
冷蔵庫
1800ml     3,000円 (税別)

720ml     1,500円 (税別)
(注) 買い物かごが作動しないときは、こちらの注文フォームをお使いください。

 


     久保田 純米大吟醸 限定品 

1800ml



720ml
 この酒は、淡麗辛口という既存の久保田のイメージとは一線を画した「香る、久保田」がコンセプトです。従来のキレの良さに加え、甘味と酸味が調和し、フルーツのようなジューシーな風味が楽しめる久保田として6月と10月に発売されます。

 立香は、既存の「久保田」シリーズからは想像できない程の「華やかさ」です。洋ナシ、黄桃、メロン、イチゴなどのジューシーな香りがフワッと香ります。含み香も立香と同様、フルーティーで、瑞々しい果実感がとても心地よいものとなっております。ただ、華やかさばかりが目立つのでは無く、それが全く雑多に感じさせない品の良さも一方ではあり、その辺ははさすが久保田だと思いました。

 口当たりは、軽快でスムースな舌すべり。角の取れた滑らかで絹のようなタッチ。柔らかくて優しいアタックで、ふっくらと風味が広がるのが大きな特徴です。
 味わいは、淡麗辛口の基本的なベースラインを持ちつつも、その一方で柔らかで、フルーティな旨味を感じることが出来ます。のびのびと五百万石の米の味を表現している所が素晴らしいと思いました。
 後口は、スーッと切れていきます。酸でビシッと切るのではなく、味わいそのものが霞のように消えていく感じです。このあたりは仕込み水の良さが生きていますし、一番「久保田」らしさを感じた一瞬でありました。

 ここ最近日本酒の美味しさに気付いた入門者から、色んな酒を飲まれてきたベテランまで、誰が飲んでも「美味しい!」と思える味わい。多くの方を満足させる広いストライクゾーンを持っています。ぜひこの酒をおおらかに飲み干していただきたいと思います。飲み頃温度は15〜18度くらいで。冷やしすぎない方が旨味がきれいに広がります。

※ カートの在庫管理機能が使えません。品切れの際には平にご容赦くださいませ。

日本酒度
±0
酸 度
1.3
原料米
五百万石
精米歩合
50%
酵 母
蔵内保存株
アルコール度
15度
タイプ
淡麗辛口
保 存
冷蔵庫
他の買い物カゴ対応商品と一緒に購入される場合に限り、買い物カゴの「ご意見 ご要望」欄に@品名 A容量 B本数を明記いただければクレジットカード決済に対応が可能です。
1800ml     3,400円 (税別)

720ml     1,570円 (税別)
電話 0748-33-3311 (10時〜19時)      FAX 0748-32-2404 (24時間受付)

 


     澤屋まつもと 守破離(しゅはり) 山田錦
 現在「澤屋まつもと」が最も重要視している事、それは「酒米の産地の価値を伝える」という事です。蔵からはるか60km以上離れた兵庫県の東条に足繁く通い、本来の稲作の勉強、農家との共同作業にとりかかり、近い将来、東条地区での自社栽培にも取り組むそうです。この守破離 山田錦はその活動のベースとなる位置づけられた酒です。

 外観は透明で輝きのあるクリスタル。開栓時には小さな気泡がわずかに見受けられます。粘性は強めです。
 立香は穏やかで優しい印象。青りんごやグレープルーツ、洋ナシの爽やかな果実香、白い花、わずかにアカシアの花の香りがします。含み香も穏やかですが、麹の甘い香りに洋ナシの香りが絡みます。

 口当たりはスムースでフレッシュ。醸造由来の微発泡はたいへん爽やかな印象を与えてくれます。このアタックは「澤屋まつもと」の特徴で、搾ってから2〜3日で瓶燗火入れをして密栓するというところに由来します。
 味わいは、甘味やアルコール感は控えめにして、ピュアな山田錦の旨味、酸味や程よい苦味を主体としたフレッシュな風味が特徴です。非常に引き締まっており、食中酒を意識した自然な風味が特徴です。

 後口は繊細な酸味を感じます。キラキラして洗練された後口で、酒がスパッと切れた後は、微炭酸による爽やかな苦味が口中に残ります。このほろ苦さはマッチングされる料理の幅をひろげてくれます。特に山菜を使った料理にはベストマッチと言えるでしょう。
 杜氏の松本日出彦さんによると、酸味・旨み・良い苦味を綺麗なバランスで表現できるのは素晴らしい産地の酒米だけだったそうです。松本杜氏は、農業にしっかりと向き合い、泥だらけになりながらも努力するすばらしい蔵元。これからの日本酒業界をリードする存在であることは間違いなさそうですね。

日本酒度
-
酸 度
-
原料米
山田錦
精米歩合
50%
酵 母
-
アルコール度
15度
タイプ
やや辛口
保 存
冷蔵庫
1800ml     3,600円 (税別)

720ml     1,800円 (税別)
品切 
(注) 買い物かごが作動しないときは、こちらの注文フォームをお使いください。

 


     獺祭(だっさい) 純米大吟醸 磨き二割三分
 この酒は長期に渡って「日本一の精米歩合」と言われ続けてきた、獺祭が誇る最高ランクの純米大吟醸です。23%精米の凄さは、獺祭の精米技術はもちろんですが、23%の精米に耐えうるだけの品質を持った山田錦を用いてるところが何といっても一番すばらしい点だと思います。それにしても35%精米でも凄いのに、23%精米の酒ってどんな味がするのでしょうか?なんだかワクワクしますよね!

 立香はたいへん華やかでフレッシュなもの。イチゴ、白桃、リンゴのような愛らしい甘い香り。そしてユリのような白い花を連想する新鮮で清々しい香りなどが印象的。出品酒のようなインパクトのある華やかさではなく、清楚で上品。気品溢れる華やかな香りです。香りの立ち方も自然で嫌みがありません。

 口当たりはミネラルウォーターの様な清涼感があります。米の芯だけで造ってあるだけに雑味とは無縁です。水晶のような艶があり、きめ細やかなアタックが楽しめます。
 味わいはフレッシュ感のあるスムーズな甘味、スッキリとして繋がり良く広がる旨味が素晴らしいです。五味が高いレベルで一体化し、飲み手に安心感を与えてくれます。
 軽快な旨味の流れを楽しんだ後は、きめ細やかな酸味がスパッと味を切ります。ノド越しも最高に滑らかでシルクのよう…その後「梨」のような余韻がしばらく残り、これがまたいいんです!

飲み頃温度は10〜15℃。綺麗さとリッチさを同時に楽しむ事ができ、思わず笑顔がこぼれます。誰が飲んでも「わ〜っ、この酒美味しいねェ」と思っていただける素晴らしい1本です。

日本酒度
非公開
酸 度
非公開
原料米
山田錦
精米歩合
23%
酵 母
蔵内保存株
アルコール度
15.5度
タイプ
淡麗辛口
保 存
冷蔵庫
1800ml     9,524円 (税別)

720ml     4,762円 (税別)
品切 
(注) 買い物かごが作動しないときは、こちらの注文フォームをお使いください。

 


     獺祭(だっさい)  純米大吟醸  磨き三割九分
 まず驚くのがこの酒の価格。一般的に、山田錦を40%以上磨いた1.8L純米大吟醸なら最低でも\5,000はします。高いところなら\10,000の蔵もあります。しかし、この獺祭は39%精米にもかかわらず、\5,000札でお釣りがくるんです。消費者指向の蔵元の良心に感謝ですね。人気が高いのもうなずけます。

 立香は華やかでかつ上品。梨やイチゴの様な香りをまず感じ、さらにはリンゴ系の香りもします。香り全体が瑞々しく、新鮮で若々しい果実の香りが楽しめます。含み香はリンゴ系の香りを主体に梨の香りがスーッと鼻から抜けていきます。この立香、含み香は「獺祭」独特の個性です。この特に三割九分には上品さを感じます。

 口当たりは清らかな湧水を思わせるサラリとした舌滑り。飲みやすくたいへん綺麗な印象です。上品な香りのイメージをそのまま引き継いでいます。非常に繊細さを感じます。
 味わいは適度に膨らむ旨味、柔らかな甘味、キリッとした辛味が高次元でまとまっています。濃醇と淡麗の良い所だけを瓶詰めしたかのようです。ポイントを外さない優等生の味わいです。
 
 後口のキレも抜群で、スパッと酒を切ってくれます。このキレの良さは上質の酸味によるもので、この酒のポテンシャルの高さを感じます。全体的にはたいへん洗練された都会的な印象。繊細な味わいが楽しめる素晴らしい酒です。とにかく値段を超越したハイコストパフォーマンス。常温〜冷やしてお楽しみ下さい。

日本酒度
非公開
酸 度
非公開
原料米
山田錦
精米歩合
39%
酵 母
自社保存株
アルコール度
15.5度
タイプ
淡麗辛口
保 存
冷蔵庫
1800ml     4,476円 (税別)
品切 

720ml     2,238円 (税別)
品切 
(注) 買い物かごが作動しないときは、こちらの注文フォームをお使いください。

 


     獺祭(だっさい)  純米大吟醸50
 「なぜ、獺祭はこんなに人気が出たのか?」を考えてみました。

大手企業のような緻密な戦略があったわけでもないのにここまで有名になったのは、突き詰めてみると、結局「安くて美味しいから」という答えにたどりつきます。
 それ故、当店のブラインドテイスティングにおいても、3,000円以下のクラスではつねにトップ3に名前を連ねます。
さらに、この酒はそのネームバリューと品質から「日本酒を飲まなかった人たちを日本酒ファンにしてくれる酒」として、これからも輝き続けることでしょう。歴史に名を残す銘酒ですね。

 立香は華やかさと上品さを兼ね備えています。よく新鮮なイチゴに例えられる「獺祭」の吟醸香。さらに青りんご、メロンや洋ナシのような香りが続きます。華やかなのに、飲み飽きしない理由は、ズバリこの「ナチュラルさ」だといえるでしょう。含み香もさらにイチゴのシロップ漬けのような甘い香りが特徴的です。

 口当りはとてもスムース。まろやかなアタックで適度に膨らみながらサラリと舌を滑ります。角が取れ、全く引っ掛かりの無い端正な口当たりは、この価格レンジの商品では一歩抜きんでています。
 味わいは、ミディアムボディのスッキリとした旨味、穏やかでマイルドな甘味、優しい辛味など、味わいのバランスが最高です。全体的な透明感が素晴らしく、山田錦ならではの味の広がりは、上位クラスの酒を脅かす味わいと言っても過言ではありません。

 後口のキレも秀逸。しっかりした酸味がスパッと酒を切ってくれます。このキレの良さと余韻の爽やかさは食中酒としても十分な実力があることを示しています。繊細さと芳醇さが見事に溶け合っています。
 杜氏制度を廃止したりと、新しい切り口で酒造りに挑む獺祭。「自分たちはいつも挑戦者」とおっしゃる桜井会長のもと、日増しに品質も向上。悩んだら「獺祭」。これは間違い無いです。

日本酒度
非公開
酸 度
非公開
原料米
山田錦
精米歩合
50%
酵 母
自社保存株
アルコール度
16度
タイプ
やや辛口
保 存
冷蔵庫
1800ml     2,850円 (税別)

720ml     1,425円 (税別)
品切 
(注) 買い物かごが作動しないときは、こちらの注文フォームをお使いください。

 


     澤屋まつもと 守破離(しゅはり) 雄町


 雄町は山田錦、五百万石など、多くの酒米のルーツ。その選出は1866年!今から150年以上前と言われています。
 10月下旬に成熟するという晩生の酒米で、米質が柔らかくて発酵時に溶けやすく、その分味わいが芳醇でジューシーになりやすい酒米だと言われています。そんな雄町を「澤屋まつもと」はどのように表現したのでしょうか?

 外観は透明なイエローがかったクリスタル。粘度はやや強めでエキス分の多さを表しています。
 立香は洋ナシのコンポート、バナナ、アカシアの花を連想させる甘美な香り。さらに青竹、笹の葉のような爽やかな香りも感じ取れます。また醸造由来の白玉団子の香りもします。

 口当たりは「澤屋まつもと」の特徴であるピチピチとした微炭酸が爽やかです。この微炭酸は基本的に絞ってから二日以内に瓶燗火入する事に由来します。
 味わいは、一般的な雄町の酒とは少し違います。それは甘味や旨味が前面に出た、時として雑味に感じてしまうような雄町の酒ではなく、逆に甘味、アルコール感をより抑えて、酸味・旨味・心地よい苦味を演出し、ピュアでフレッシュな食中酒に仕上げてあります。

 後口は繊細で綺麗な酸がスパッと酒を切ってくれます。そしてほのかな苦味と酸味が心地よい余韻を演出します。苦味というと、ネガティブな表現かもしれませんが、質の良い苦味は逆に酒の透明感や合わせる料理の幅を広げるという意味でも非常に重要な味覚です。
 和牛のソテーからカレイの天ぷらなど、合わせられる料理の幅も広いオールラウンダー。個人的に風呂吹き大根など、素朴で懐かしい風味の料理と一緒に楽しみたいと思いました。完成度の高い素晴らしい雄町の純米吟醸です。

日本酒度
-
酸 度
-
原料米
備前雄町
精米歩合
55%
酵 母
-
アルコール度
15度
タイプ
やや辛口
保 存
冷蔵庫
1800ml     3,300円 (税別)

720ml     1,650円 (税別)
品切 
(注) 買い物かごが作動しないときは、こちらの注文フォームをお使いください。

 


     東洋美人 ippo 「西都の雫」 純米大吟醸 生詰め
 この酒は麹米に山田錦、掛米、酒母米に西都の雫を用いて醸されました。「西都の雫」は、生産量の少ない貴重な酒米で「穀良都 (こくりょうみやこ)」と、「西海222号(親は山田錦)」を交配して生まれた山口県のオリジナル酒造好適米です。山田錦よりは早く成熟するため、稲刈り期が2週間ほど早く、「晩生の早」という特徴があります。

 外観は輝きのあるクリスタル。粘性は中程度でにごりはありません。立香はハッキリした果実の香りを中心とした華やかなもの。グレープやホワイトピーチのような瑞々しい香り、さらにパインやリンゴのような甘い果実の香りが特徴的です。さらに菩提樹に杏仁豆腐のようなニュアンスがアクセントになっています。含み香はリンゴや洋ナシのニュアンスがあります。

 口当たりはスムースで芳醇。仕込み水の良さを感じさせるハッキリしたアタックです。非常に端正でまとまりが良く、適度な粘性を感じさせながら舌を滑ります。
 味わいは、穏やかなで優しい甘味、ふくよかで品の良い旨味が特徴的です。品格があり、尚且つおおらかで大変親しみやすい側面も持っています。更にサクランボの様な愛らしい風味も感じられます。
 
 後口は透明感のある酸味がスパッと酒を切ってくれます。余韻はマスカットのような甘酸っぱさが長く続きます後半のシャープな切れ味は「西都の雫」の大きな特徴と言えるでしょう。飲み飽きしない見事な完成度はさすが東洋美人です!飲み頃温度は15度〜18度あたり。ボール型のワイングラスで香りを楽しみながらお飲み下さい。初心者からベテランまで楽しめる素晴らしいお酒。自信を持ってオススメします!!

日本酒度
+5
酸 度
1.5
原料米
西都の雫 他
精米歩合
50%
酵 母
家付き酵母
アルコール度
16度
タイプ
芳醇旨口
保 存
冷蔵庫

1800ml     3,000円 (税別)

(注) 買い物かごが作動しないときは、こちらの注文フォームをお使いください。

 


     喜楽長 「六方」 純米吟醸 ひやおろし 生詰原酒 限定品
 この「六方(ろっぽう)」は喜楽長が展開する全国でも数店舗の地酒専門店にしか出荷されない限定流通品です。さらに味を決定する時には取扱店も参加するというコンセプトの酒です。毎回熱い議論が交わされています。
 今回は「ひやおろし」ということで、大切に熟成された原酒を用い、芳醇なコクと上品な旨味がバランスよく調和した味わいを目指しました。香りの明利酵母、味わいの金沢酵母という両者の特徴をしっかり表現された味わいとなりました。

立香は嫌味のない華やかさ。透明感のあるフルーティーな印象。デリシャスリンゴの香りを中心に、花梨等の心地よいフルーツの香りが楽しめます。さらに、パインやイチゴのキャンディーを連想させるキュートな甘い香りも弱冠します。
含み香は立香を優しくしたような柔らかい香り。瑞々しいピーチ、リンゴ、オレンジなどのフルーツ香が心地良いです。
 口当たりは柔らかくてまろやか。熟成された原酒らしく、ふっくらとした膨らみを感じさせながら舌を滑っていきます。
 味わいはこの酒の真骨頂。優しくてふくよかな旨味と上品な甘味、さらには原酒ならではの力強さもバランス良く調和しています。とにかく優しくて柔らかな旨味!そして飲み応え!この酒はこれに尽きます。

 後口はサラリとしたキレがあります。芳醇な旨味を堪能した後、それを忘れさせるかのように練れた酸味が優しく酒を切ってくれます。この優しい酸味のお陰で、熟成したマイルドな旨味があるにもかかわらず、リズミカルな軽快感を感じさせてくれる酒に仕上がっております。あまり冷やしすぎずに芳醇で柔らかな味わいをお楽しみ下さい。

日本酒度
+3
酸 度
1.7
原料米
滋賀県吟吹雪
精米歩合
55%
酵 母
明利・金沢
アルコール度
17度
タイプ
芳醇旨口
保 存
冷蔵庫
1800ml     2,600円 (税別)

720ml     1,300円 (税別)
(注) 買い物かごが作動しないときは、こちらの注文フォームをお使いください。

 


     七本鎗  純米大吟醸 「渡船」 限定品
七本鎗 渡船
 昔から滋賀県を代表する酒米といえば「玉栄」が有名ですが、現在、滋賀県の蔵元が注目し力を入れている酒米が「渡船」です。かつて「幻の酒米」といわれた米でしたが、県内の農家の方々、そして酒蔵の努力で栽培面積も増え、各蔵元から個性的な「渡船」の酒が出荷されるようになりました。ちなみにこの酒の「渡船」は「滋賀渡船6号」です。

 立香は伝統の協会9号酵母らしいリンゴ系の酸味を帯びたフルーツの香りが主体。それに綿菓子を連想する甘い香りが絡んでいます。全体的にフルーティーで華やかな香りです。含み香もリンゴ系の香り。サーッと立ってスッと引く感じで嫌みのない香りが好印象です。

 口当たりはたいへんなめらか。適度な粘性と膨らみを感じさせながらもサラリと舌を滑っていきます。まさにビロードの様な滑らかでリッチな感覚です。
 味わいは豪快な風味の多い七本鎗の中ではどちらかと言えばバランス重視の印象。堂々とした風格を感じさせながらも透明感にあふれた旨味が口中に広がります。一方で七本鎗らしいノビノビとした味の出し方は健在でファンを裏切りません。

 後口は練れた味のある酸味がジワリと舌の両側に染みこんできます。そしてスパッと味を切ってくれた後に何とも言えないフワ〜ッとした深い余韻が長く続きます。この感覚は七本鎗ならではの個性です。渡船を用いる事で、その個性に「透明感」と「深み」がプラスされました。七本鎗ファンならずとも一度は飲んでおきたい酒に間違いありません。
 
日本酒度
+3.5
酸 度
1.6
原料米
滋賀渡船6号
精米歩合
50%
酵 母
協会901号
アルコール度
15度
タイプ
芳醇辛口
保 存
冷蔵庫
1800ml     4,000円 (税別)
品切 

720ml     2,000円 (税別)
品切 
(注) 買い物かごが作動しないときは、こちらの注文フォームをお使いください。

 


     東洋美人 ippo 「愛山」 純米大吟醸 生詰 限定品



 2013年夏の大水害以降、一歩ずつ、着実に復活の道を歩む「東洋美人」。この春から発売された「原点からのippo(一歩)」シリーズも大好評です。5月の山田錦、6月の酒未来、7月の出羽燦々、8月の雄町と、米違い(麹米の山田錦40%精米は共通)の「ippo」をたて続きにリリース。そしていよいよ愛山の登場です。

 立香は、白桃の様なフルーティーな香り、洋梨やマスカットのような瑞々しい果実の香り、白い花を連想さす甘い香りなど色んな香りが溶け合います。非常に品格のある華やかな香りです。含み香はリンゴのようなジューシーで熟した果実の香りが印象に残ります。

 口当たりはマイルドでスムース。柔らかくふっくらとした印象ですが、エッジはしっかりしており、滑らかに舌を滑ります。
 味わいは愛山独特の柔らかで透明感のある甘味があります。まろやかで芯のあるジューシーな旨味、味の広がり感が最高です。 
 後口はビシッとした酸味と上質な辛味が全体の印象をキリッと引き締めています。しっかりした酸味が全体を下支えしており、薫り高い酒であるにも関わらず、幅広い料理に対応できると感じました。更に熟成感もちゃんとしており、たいへん落ち着いた雰囲気もあります。

 飲み頃温度は13℃〜16℃。程よい味の広がりとキレのバランスが一番いいと感じました。香りも立ちます。兵庫県の山間部でひっそりと作り継がれてきた愛山。栽培が困難で生産量も極わずか。そんな貴重な酒米に挑んだ天才澄川杜氏の愛情溢れた逸品です。

日本酒度
±0
酸 度
1.5
原料米
山田錦・愛山
精米歩合
40〜50%
酵 母
自家培養酵母
アルコール度
16度
タイプ
芳醇旨口
保 存
冷蔵庫

1800ml     3,000円 (税別)
品切 

(注) 買い物かごが作動しないときは、こちらの注文フォームをお使いください。

 


     七本鎗 「渡船」 純米酒  限定品
 この酒の大きな特徴は、近年注目されている酒米「渡船」をあえて高精白しない事でその旨味を引き出している点です。低精白の酒では既に高い評価を得ている七本鎗ならではの純米酒です。もちろん精米歩合の77%は七本鎗の「7」に由来します。なかなか洒落てますね。

 立香は比較的穏やかでありますが、しっかりとした存在感のある香りです。リンゴ様の香りに米麹の香り、さらにはビスケットの様な香ばしい甘い香りがします。
 含み香はしっとりとしたリンゴ系の香りがほのかに香ります。どちらかといえば派手に香らず、食の良さを引き出す事に徹したスタイルです。

 口当たりは芳醇でリッチな舌滑り。角がとれたまろやかさがありつつもダイナミックに広がる旨味は七本鎗ならではの個性です。
 味わいは、ふっくらとした米の旨味、上質な甘味が一体となって絡み合い芳醇な風味を醸し出しています。堂々とした風格のある味わいであり、ダイナミックでノビノビとした味の出し方はいかにも七本鎗です。

 後口はジワリと舌に染みこむ旨口の酸味が特徴的。この後口は七本鎗ならではの素晴らしい個性です。
 たいへんキレが良く、香りが穏やかなので飲み飽きしない食中酒として楽しんで頂きたい1本。合わせる料理は川魚の佃煮、筑前煮、山菜の天ぷらなど。山の幸が最高です!
 
日本酒度
+7
酸 度
2.0
原料米
渡船
精米歩合
77%
酵 母
協会901号
アルコール度
15.5度
タイプ
芳醇辛口
保 存
冷蔵庫
1800ml     2,900円 (税別)
品切 

720ml     1,450円 (税別)
品切 
(注) 買い物かごが作動しないときは、こちらの注文フォームをお使いください。

 


     東洋美人 ippo 「出羽燦々(でわさんさん)」 純米大吟醸生詰 限定品


 2013年7月28日、山口県の観測史上、最大の雨量を記録した「山口・島根豪雨」。そして、その真っ只中にあった澄川酒造場は甚大な被害をうけ、酒造りもままならない状況になりました。その後、懸命な復旧により「原点」シリーズを発表。復活の足がかりとなりました。
 そして2015年4月に「原点」シリーズを完結。同年5月より商品名『東洋美人 ippo 原点からの一歩』として、次のステージに進みました。毎月1種類、米違いで出されるこのシリーズ、今回の「出羽燦々(でわさんさん)」はその第3弾。山形県が原産で現在も多くの酒蔵で使われています。(麹米は山田錦40%精米を使用)

 立香は適度に華やかです。オレンジ、グレープフルーツのような柑橘系の香り、青rんごやマスカット、メロンのようなみずみずしい果実の香り等が見事に絡み合っています。またミルキーを思わせる甘いキュートな香りも楽しめます。
 含み香はさらに香りが分厚くなり、熟したリンゴやバナナのような甘い香りが口中に広がります。存在感のある見事な香りです。
 口当たりはサッパリしたシャープなイメージと柔らかくフワッとしたイメージを感じます。相対する二つの感覚を感じさせるところが非常に面白く、この酒の特徴になっています。
 味わいはジューシーで適度に肉厚な旨味、優しくて広がりのある甘味などを感じます。更に隠し味的に、全体をキリッと引き締める透明感のある辛味があり。凛とした緊張感、高級感を引き出しています。女性的な優しい味わいの中に一本芯の通った力強い存在感を感じさせる酒になっています。
 後口は切れのある酸味が全体をスパッと切ってくれます。そしてドライでシャープな風味が余韻として残りフィニッシュとなります。フワッとした旨味と、それをまとめるドライな風味。山田錦と出羽燦々の見事はハーモニー。飲む特は、少し冷やしてお楽しみ下さい。合わせる料理は季節野菜の掻き揚げ、焼き唐辛子などと。

日本酒度
±0
酸 度
1.5
原料米
山田錦・出羽燦々
精米歩合
40〜50%
酵 母
自家培養酵母
アルコール度
16度
タイプ
芳醇旨口
保 存
冷蔵庫

1800ml     3,000円 (税別)

(注) 買い物かごが作動しないときは、こちらの注文フォームをお使いください。

 


     山の井 純米吟醸 特A山田錦60%
 この「山の井」を醸す会津酒造は栃木県境に近い福島県旧田島町で元禄年間に創業した古くからの酒蔵です。「金紋会津」の蔵といった方が分かりやすいかもしれません。
 江戸時代からの土蔵は、一年を通じて温度差がなく長期低温発酵には最適な環境。仕込み水は地下水を100%使用しており、まろやかな口当たりの超軟水です。「山の井」は蔵の後継者である渡部景大杜氏が、自身の独自の価値観を表現するために立ち上げたブランドです。

 立香は穏やかですが、パイナップルやライチの香り、更にはピーチのようなみずみずしい果肉を思わせる香りが印象的。含み香はそれぞれのフルーツの香りが溶け合いながらひとつにまとまり、ストレートに広がっていくイメージ。いい意味での軽さを感じさせます。

 口当たりは軽くてみずみずしいタッチ。尖ったところが無く、優しくてソフトなファーストアタックです。舌を滑りながらもフワッと膨らむ口当たりが素晴らしいと思います。
 味わいは、質の良い山田錦の特徴を生かしています。ふっくらとした柔らかい旨味とほのかな甘味が軽いタッチで口中に広がります。味のつながりも良く、飲んでいて安心感をおぼえます。
 後口はおとなしくて愛らしい酸味が全体を綺麗にまとめあげます。余韻は比較的短めですが、その分サッパリとした後口ですので思わず盃が進んでしまう酒です。
 「若手の夜明け」でも特に人気があり、ブースには長い行列ができる福島県の次世代のスーパースターの酒をぜひお楽しみください。

日本酒度
-4
酸 度
1.7
原料米
特A山田錦
精米歩合
60%
酵 母
TM-1
アルコール度
14度
タイプ
やや辛口
保 存
冷蔵庫
1800ml     3,200円 (税別)
品切 

720ml     1,600円 (税別)
(注) 買い物かごが作動しないときは、こちらの注文フォームをお使いください。

 


     東洋美人 ippo 「雄町」 純米大吟醸 生詰 限定品


 2013年夏の大水害以降、一歩ずつ、着実に復活の道を歩む「東洋美人」。この春から発売された「原点からのippo(一歩)」シリーズも大好評です。5月の山田錦、6月の酒未来、7月の出羽燦々と、米違い(麹米の山田錦40%精米は共通)の「ippo」をたて続きにリリース。そして8月はいよいよ雄町の登場です。

 立香はピーチやマスカットのようなみずみずしい果実の香りが主体。さらにパイナップルやライチのような南国フルーツの香りが寄り添います。含み香もリッチな果実の香りが心地よく広がり、。全体的にフレッシュで若いイメージの香りと熟成して落ち着いた香りを同時に感じることができます。とても自然で人工的な印象の無い、ピュアな香りを楽しむ事ができます。

 口当たりは、適度な膨らみを感じさせながらも軽快に舌を滑っていきます。シルキーで柔らか。そして力強さも感じます。しっかりした骨格を感じさせるアタックです。
 味わいは芳醇でジューシーな旨味があります。口に含んだ時はその円やかな口当たりから、一瞬アッサリした酒か?と思いますが、さすが雄町です。しっかりした優しいコクがあとを追うように迫ってきます。澄川杜氏らしい雄町の使い方だなと、思わずニヤッとしてしまいました。

 後口はシャープな酸味のおかげでサッパリとしています。そしてしっかりした酸味がジワリと舌に染み込んできます。
 雄町としての特徴はしっかり出しながらも、東洋美人らしい透明感のある旨味は健在。トータルバランスにすぐれた素晴らしい酒です。
 同じ日本酒度と酸度、アルコール度のippo「出羽燦々」とぜひ飲み比べてみてください。その違いに驚かれる事でしょう。雄町の特徴をを見事に引き出した澄川杜氏に拍手!

日本酒度
±0
酸 度
1.5
原料米
山田錦・雄町
精米歩合
40〜50%
酵 母
自家培養酵母
アルコール度
16度
タイプ
芳醇旨口
保 存
冷蔵庫

1800ml     3,000円 (税別)

(注) 買い物かごが作動しないときは、こちらの注文フォームをお使いください。

 


     東洋美人 ippo 「酒未来」 純米大吟醸生詰 限定品


 2013年7月28日、山口県の観測史上、最大の雨量を記録した「山口・島根豪雨」。そして、その真っ只中にあった澄川酒造場は甚大な被害をうけ、酒造りもままならない状況になりました。その後、懸命な復旧により「原点」シリーズを発表。復活の足がかりとなりました。
 そして2015年4月に「原点」シリーズを完結。同年5月より商品名『東洋美人 ippo 原点からの一歩』として、次のステージに進みました。この酒は十四代、高木酒造から託された「酒未来」という酒米を50%に精米し、掛米としたお酒です。(麹米は山田錦40%精米)

 立香は適度に華やかです。イチゴやメロン、フレッシュなリンゴ、若干ピーチやパインのような香りがします。また鉱物を連想するミネラル感に富んだ香りも楽しめます。含み香は甘爽やかでフルーティ。中くらいの強さで嫌味がありません。全体的にバランスのとれた安定的な果実香が印象的です。
 口当たりは表面がツルツルしており、角の取れた柔らかいアタック。適度な粘性とともに、スムースに舌を滑ります。
 味わいは、ジューシーで芳醇な風味が素晴らしいです。甘味と旨味のつながりが良く、ふくよかで上品なテイストが楽しめます。また一方でしっかりしたエッジもあり、優しさの中にも凛とした風格を兼ね備えています。味わいの中頃からはアクセント的な心地良い辛味が出てきます。その辛味が酒に適度な緊張感を与えており、ダレた感じが無くしており、高級感が伝わる酒に仕上がっています。

 後口はビシッとした切れというよりは、柔らかにキレイに切れていくタイプ。酸味は目立たず、サッパリとしたアフターが楽しめます。良く冷やすとシャープな印象、やや冷やすと調和の取れた旨味。温度によって風味が微妙に異なりますので、色んな温度で試してみて下さい。十四代から受け継いだバトンは見事に引き継がれました。

日本酒度
±0
酸 度
1.5
原料米
山田錦・酒未来
精米歩合
40〜50%
酵 母
自家培養酵母
アルコール度
15.8度
タイプ
芳醇旨口
保 存
冷蔵庫

1800ml     3,000円 (税別)

(注) 買い物かごが作動しないときは、こちらの注文フォームをお使いください。

 


     喜楽長 「六方」 純米吟醸 生囲い 限定品
 この「六方(ろっぽう)」は喜楽長が展開する全国でも数店舗の地酒専門店にしか出荷されない限定流通品です。さらに味を決定する時には取扱店も参加するというコンセプトの酒です。
 この六方ブルーラベルはテーマを蒸し暑くなる季節にピッタリの「口当たりの軽快さと余韻の爽やかさ」を目指し、生貯蔵酒としました。

 立香は派手さはないものの、しっかりと主張するタイプ。フレッシュなフルーツを思わせるみずみずしい香り。白桃、青リンゴ、ライチ、レモンのような清涼感溢れる果実香が印象的です。また、パインやイチゴのキャンディーを連想させるキュートな甘い香りもします。
 含み香は華やかな立香を少しマイルドにしたような優しいトーン。ふっくらとしたフルーツの香りが心地良く口中に広がります。

 口当たりはサッパリ軽やか。しつこさの無い柔らかい口当たりが好印象。適度に味を感じさせながらもスムースに舌を滑っていきます。ビールを飲んだ次の1杯でも口中に清涼感が持続します。
 味わいはマイルドな旨味と優しい甘味がフワッと口中に広がります。料理を殺すことなく、そして料理に負けることも無いバランスの良さは絶妙。小味の効いた夏にピッタリの味わいです。

 後口は湯上り肌のようなサッパリとした後口。程良い甘酸っぱさを出しながら、霞のように切れていく絶妙なフィニッシュです。
 全体的には暑い季節の疲れた体を癒してくれる優しさ、飲みやすさが特徴。本年は昨年より味わいをキリッとさせてキレの良さを狙いました。湯葉豆腐やそら豆の塩茹でを肴に、風鈴の涼しい音色を聞きながらお楽しみ下さい。

日本酒度
+3.7
酸 度
1.9
原料米
滋賀県吟吹雪
精米歩合
55%
酵 母
明利・金沢
アルコール度
16度
タイプ
淡麗旨口
保 存
冷蔵庫
1800ml     2,500円 (税別)

720ml      1,250円 (税別)
(注) 買い物かごが作動しないときは、こちらの注文フォームをお使いください。

 


     笑四季 センセーション 「黒」 特別純米酒 火入れ 限定品
笑四季 センセーション 「黒」 特別純米酒

笑四季 センセーション 「黒」 特別純米酒
 蔵出しする酒が次々と完売してしまう「笑四季」。そのベーシックシリーズが「センセーション」です。「黒」と「白」の2種類があります。
 この「黒」ラベルはキレの良い辛口で人気の酒。蔵では早々に完売しました。それもそのはず、精米歩合50%の純米大吟醸規格の酒が、2,200円なのですから。コストパフォーマンスの高さに驚くばかりです。

 立香は全体的に穏やかです。オレンジやパインのヨーグルト和えを思わせる甘酸っぱい香り。また、バニラエッセンスのようなリッチな甘い香りも少し感じます。またリンゴを思わせるニュアンスも見つける事ができます。含み香はリンゴやオレンジ、乳酸系の香りなどが楽しめます。

 口当たりは軽快でスムース。フワッとした舌すべりで高級感を感じさせてくれます。この軽快感と膨らみ感は精米50%ならではで、価格からは想像できないクオリティの高さです。
 味わいはバランスのとれた透明感のある辛口。さらに乳酸由来のコクがあり、ボリュームを感じさせる旨味が楽しめます。非常に立体的で飲み手を飽きさせません。火入れ酒ならではの風格と落ち着きが感じられ、じっくりと向き合って飲むことができます。

 後口はこの酒最大の特徴。自社酵母(7号系)由来の上質でキリッと引き締まった酸味が全体をスパッと切ってくれます。その後、柔らかいニュアンスの甘い余韻が続きます。スッキリとした爽やかさを感じさせ、料理との相性も幅広く、様々な料理と共に楽しむ事ができるでしょう。

日本酒度
非公開
酸 度
非公開
原料米
滋賀県産米
精米歩合
50%
酵 母
7号系京都2号
アルコール度
16度
タイプ
芳醇辛口
保 存
冷蔵庫
1800ml     2,300円 (税別)

720ml     1,200円 (税別)
品切 
(注) 買い物かごが作動しないときは、こちらの注文フォームをお使いください。

 


     笑四季 センセーション 「白」 特別純米 火入れ 限定品
笑四季 センセーション 「白」 特別純米 火入れ

笑四季 センセーション 「白」 特別純米 火入れ
 この酒は特別純米表示でありながらも精米歩合50%。つまり純米大吟醸規格の酒です。しかも価格は2,200円!新進気鋭の酒蔵「笑四季」ならではの「センセーション」シリーズは他にも「黒」ラベルなどの種類があります。この「白」ラベルは自社の吟醸酵母を用いて米の旨味を出した芳醇系の味に仕上がっています。

 立ち香は穏やかなフルーツ香。バナナの香りを軸とし、それにメロン、リンゴの香りが溶け込みます。さらには黒蜜、洋菓子の様な甘い香りも感じ取れます。含み香も同様に嫌味が無く、リンゴのような香と少しメロンを思わせる香が楽しめます。全体的にしっかりとした香りの主張は感じ取れるものの、いわゆるイソアミル系の素直なナチュラルさを連想させる香りです。
 口当たりは、優しくソフトな膨らみと芳醇な風味を感じさせながら舌を滑ります。キリッとした鋭い口当たりというよりは、フワッと包み込むような優しい感覚があります。
 味わいはふっくらとした米由来の旨味を最初に感じ、徐々に上質な甘味が口中に広がっていきます。その広がりはのびのびとしており、大地のような自然で、おおらかな印象があります。厚みのある膨らみ感がなめらかに全体を導いていきます。

 後口は、穏やかで優しい酸味が絶妙の余韻を感じさせてくれます。この酒は酸味でズバッと切るというよりは酒全体でサラッと切れていく感覚があります。全体的にまとまりがあり、バランスの良い飲み飽きしない酒にしあがっております。火入れ酒ならではの落ち着きのある、しっかりした味わいが素晴らしいです。合わせる料理は筑前煮や鮭の味噌煮、クリームコロッケや焼き鳥(タレ)などでお楽しみください。

日本酒度
非公開
酸 度
非公開
原料米
滋賀県産米
精米歩合
50%
酵 母
金沢酵母
アルコール度
16度
タイプ
芳醇旨口
保 存
冷蔵庫
1800ml     2,300円 (税別)

720ml     1,200円 (税別)
(注) 買い物かごが作動しないときは、こちらの注文フォームをお使いください。

 


     横山五十 純米大吟醸 白ラベル 直汲み生酒
 この酒の醸造元、重家酒造は「ちんぐ」という入手困難な麦焼酎で有名な酒蔵。もともと日本酒も造っていたのですが、杜氏の引退とともに1990年より長らく日本酒の製造は中断しておりました。
 しかし、後継者である横山太三さんが近い将来、壱岐島で日本酒蔵を復活させたいという夢を持ち、山口・東洋美人の蔵を間借りして醸したのがこの酒です。当然、横山杜氏が1からプロデュース。九州S1グランプリなど各コンクールでも優秀な成績をおさめています。
 
 立香はマスカットの香りが中心。さらにリンゴやピーチのようなフルーツ香が上品に香ります。また、ビターオレンジのような甘酸っぱい香りも感じられます。全体的にフレッシュで爽やかな印象です。含み香は甘いデリシャスリンゴやマスカットなどの香りがします。

 口当たりは新鮮でイキイキとしています。それでいて、とても円やかでマイルド。適度な芳醇さがあり、バランスの良いアタックが楽しめます。

 味わいはピチピチしたフレッシュな旨味が最高です。直汲みならではのシャキシャキ感と「横山五十」らしいマイルドな旨味が見事にバランスし、飲み疲れしにくい味わいになっています。
  後口はサッパリとした爽やかな酸味が優しく酒を切ってくれます。フレッシュな酸味で、切れの良いフィニッシュへと導きます。そして最後にマスカット系のみずみずしい余韻がほのかに残ります。食中酒として記憶に残る味わいをコンセプトに造られた純米大吟醸。ワイングラスに注いで15℃前後でお楽しみ下さい。

日本酒度
非公開
酸 度
非公開
原料米
山田錦
精米歩合
50%
酵 母
非公開
アルコール度
16度
タイプ
やや辛口
保 存
冷蔵庫
1800ml     3,676円 (税別)

720ml     1,838円 (税別)
(注) 買い物かごが作動しないときは、こちらの注文フォームをお使いください。

 


     久保田 萬寿 純米大吟醸 限定品

1800ml


720ml
 この「久保田 萬寿」はシリーズの最高峰として、日本はもちろん、世界各国にその名をとどろかせた銘酒中の銘酒です。
 大型スーパーやディスカウント店で1.8Lが10,000円程度で販売されておりますが、それは闇ルートの久保田です。当店の久保田は蔵元直送、もちろん正規の価格ですので安心してお買い求めください。

 立香は控えめながらも一本芯の通った存在感があります。リンゴやチェリーといった木なり果実のまろやかな香り、菩提樹やスイカズラを連想させる甘い香りなどがストレートに香ります。含み香もサクランボ、洋ナシ、黄桃の香りが心地良いです。

 口当たりはシルクのように滑らかです。引っかかりが無くて柔らかく、品格するら感じさせる高い質感。淡麗辛口にこだわる久保田ならではの透明感はさすがです。
 味わいは、非常にクリアーな印象。優しくて自然な米の旨味とバランスの良いほのかな甘味が見事に同居しています。無濾過生原酒のようなしっかりした旨味や極端な個性というものはありませんが、柔らかでバランスに優れた辛口の味わいは最高ランクだと言えるでしょう。

 フワッとしたマイルドな辛口の味を楽しんだ後は、酒の引けも良く、霞のようにゆっくりと味わいが消えていきます。その引きの見事さは「さすが萬寿!」と言いたくなるほどです。
 実は、このコメントは約18℃という、すこし冷やした程度の常温に近い温度で飲んだ感想です。蔵元もホームページで推奨されていますが、萬寿は冷やしすぎない事が大切です。

 また、このお酒は贈答・プレゼントとしても大変人気があります。有名な高級酒だけに、先様が「お酒が好きなんだけど、何を贈ったら良いか分からない」という方なら迷わず萬寿をおすすめ致します。

日本酒度
+2
酸 度
1.2
原料米
五百万石他
精米歩合
33〜50%
酵 母
蔵内保存株
アルコール度
15度
タイプ
やや辛口
保 存
冷蔵庫
他の買い物カゴ対応商品と一緒に購入される場合に限り、買い物カゴの「ご意見 ご要望」欄に@品名 A容量 B本数を明記いただければクレジットカード決済に対応が可能です。
1830ml     8,110円 (税別)

720ml     3,640円 (税別)
電話 0748-33-3311 (10時〜19時)      FAX 0748-32-2404 (24時間受付)

 


     喜楽長 「六方」 純米吟醸 生原酒 限定品
 地元滋賀でも数店舗の地酒専門店にしか出荷されない限定流通品。しかも風味を決定する時には取扱店も参加するというコンセプトの「六方」。28BYよりパッケージを変更。ピンク色の愛らしいデザインはキュートな風味にピッタリです。
 本年も昨年と同様、吟吹雪55%精米で明利酵母と金沢酵母のツインブリュー。それぞれの酵母の良い部分を生かすためブレンドして味を決定します。今年の比率は明利5、金沢5の半々に落ち着きました。

 立香はとっても華やか。メロンや白桃、パイナップル、梨を思わせる愛らしいフルーツの香りがします。明利酵母らしい華やかさです。くどくなく、軽やかでスマートな華やかさが素晴らしいです。含み香も同様、白桃やパインのような果実香。しぼりたて新酒らしいフレッシュでピチピチした吟香が楽しめます。
  口当たりはふっくらとした膨らみを感じさせながらも軽快に舌を滑っていきます。生酒らしい引っ掛かりの無い滑らかさがポイント。
 味わいはまず最初に生原酒らしい力強く芳醇な旨味が口中一杯に広がります。そして全体の土台をつくっている優しい甘味がその後を追うように顔をのぞかせます。まるでしぼりたて生原酒の教科書を読んでいるかのような風味で、安心感すらおぼえる味わいです。

 後口は味のあるフレッシュな酸味がスパッと酒を切ってくれます。そして甘くフルーティな余韻が長く続きます。 後口はスッキリしているので、ベタッとした感じはありません。
 香りの華やかさ、飲み口の滑らかさ、味わいの力強さ、後口の甘美さ、そのどれもが備わった素晴らしい風味に仕上がりました。さらに、ぬる燗にしてもマイルドな味わいが楽しめます。ぜひお試し下さい!

日本酒度
+3.6
酸 度
1.7
原料米
吟吹雪
精米歩合
55%
酵 母
明利・14号
アルコール度
17度
タイプ
芳醇旨口
保 存
冷蔵庫
1800ml     2,600円 (税別)

720ml     1,300円 (税別)
(注) 買い物かごが作動しないときは、こちらの注文フォームをお使いください。

 


     喜楽長 「六方」 純米吟醸 吟吹雪55% 限定品
 「六方(ろっぽう)」は喜楽長が展開する全国でも数店舗の地酒専門店にしか出荷されない限定流通品です。
 その年の風味は蔵元、杜氏、取扱店が同等の立場でそれを議論し、決定されるのが大きな特徴。基本コンセプトは踏襲しつつ、お客様の声を少しでも酒質に反映さすのが狙いです。
 この吟吹雪55%は「六方」の基本となる位置づけ。火入れ加水して熟成させる事により、フルーティな中にも「飲みやすさ」「まろやかさ」「飲み疲れしにくい」等の「安心感」がキーワードとなっています。

 立香はバランスの良い華やかさ。白桃やオレンジ、パイナップルを思わせるナチュラル・フルーツの香り。また熟したマスカットグレープのような香りがそれに絡みます。含み香は立香のイメージを引き継ぎ、さらに柔らかくしたような優しい香り。瑞々しいピーチ、イチゴなどのフルーツ香が心地良いです。
 口当たりはピュアな優しさを感じます。適度な膨らみがあり、時間の経過によってまろやかになったアタックは秀逸です。さらにある種の「軽さ」があり、飲み疲れしにくいものとなっています。
 味わいは「六方」らしい、角のとれた優しい旨味とふっくらとした上質な甘味を感じます。五味のバランスが素晴らしく、大きな欠点が見当たらない、高い完成度はさすがだと思います。

 後口は上品な酸味が全体をスパッと切ってくれます。良いキレを持っています。そして酒が切れたあとは甘酸っぱい風味が大変心地よく、思わず盃を重ねてしまうアフターとなっております。
 適度な華やかさを感じさせつつも、飲み疲れしない酒にするにはトータル的なバランスを高めていく。。。この酒はそんな事に注力して完成させました。飲み頃温度は18℃。まり冷やしすぎずに芳醇で柔らかな味わいをお楽しみ下さい。

日本酒度
+1
酸 度
1.6
原料米
滋賀県吟吹雪
精米歩合
55%
酵 母
明利・金沢
アルコール度
16度
タイプ
芳醇旨口
保 存
冷蔵庫
1800ml     2,500円 (税別)

720ml     1,250円 (税別)
(注) 買い物かごが作動しないときは、こちらの注文フォームをお使いください。

 


     東洋美人 純米吟醸50 限定品


東洋美人 純米吟醸50
 この酒は、今後の通年商品をリリースするために、出荷された純米吟醸です。あらゆる飲食シーンに対応できるように、それまでは冷やして飲む、若いタイプが多かった東洋美人ですが、この酒は「食中を意識し、冷酒からお燗酒に対応した、適度な心地よい熟成感」をコンセプトに醸されました。

 立香は華やかさと穏やかさの中庸。熟したメロンとリンゴを思わせるフルーティな香り、またバナナを思わせる甘い香り、少しミネラルを連想させる鉱物的な香りもします。控えめながら存在感のある香りが素晴らしいです。含み香もどちらかというと控えめで後に綿菓子のような甘い香りがフンワリと口中に広がります。
 口当たりは熟成感をテーマの1つにしているだけに、非常に柔らかです。軽快感も感じますが、なんといってもその「優しさあふれる柔らかさ」が際立っています。
 味わいは、ふっくらと優しく広がる芳醇な旨味、まろやかでジューシーな甘味が特徴的です。日本酒度がマイナスですが、飲んだ感じでは±0〜+1くらいの辛さはあると思います。つまり、「甘味タップリ」という感じではなく「旨味タップリ」という感じの仕上がりです。
 後口はキラキラした上品な酸味のおかげで、まとまりも良く、爽やかでスッキリしたアフターになっています。旨味はタップリなのに、最後の爽やかな酸味のおかげで、サッパリした味の酒だと思う方も多いのではないでしょうか?口当たり〜味わい〜後口〜キレの繋がりが最高です。

 温めて飲むと、その旨味がキレイにまとまり、しみじみとした滋味を感じさせます。冷やせば芳醇でやや辛口、温めればキリッとした辛口になります。合わせる料理のストライクゾーンも広く、1本あれば、あらゆるシーンに対応できます。2,500円の晩酌、食中酒としては相当レベルが高く、そのコストパフォーマンスに驚かれることでしょう。。

日本酒度
-5
酸 度
1.6
原料米
山田錦・西都の雫
精米歩合
50%
酵 母
自家培養9号系
アルコール度
15.6度
タイプ
芳醇旨口
保 存
冷蔵庫

1800ml     2,500円 (税別)

(注) 買い物かごが作動しないときは、こちらの注文フォームをお使いください。

 


     不老泉 山廃仕込み純米原酒 参年熟成
■ 3年の時を経て熟成したまろやかさは唯一無二

 滋賀県北部に蔵を構える上原酒造。天然蔵付酵母による山廃仕込と木槽天秤搾り(きぶねてんびんしぼり)という粕歩合の高い贅沢な搾りがこの蔵最大の魅力です。その個性は滋賀県の酒がずらりと並んだきき酒会でもすぐに分かるほどです。
 この酒は山廃仕込純米の原酒を蔵で3年間タンク貯蔵して瓶詰めされました。個性的な上原酒造の酒の中でも、さらに個性的な味わいの酒に仕上がっています。また、雑誌・一個人の至福の日本酒ランキング、長期熟成酒部門において第一を獲得しています。

 グラスに注ぐとまず気付くのが薄い山吹色をしたその色合い。3年の時間を感じさせてくれます。立香はカラメル、ハチミツなど凝縮感のある甘い香り、紹興酒を思わせる香りなど熟成由来の香りが幾重にも絡み合います。含み香は一転してデリシャスリンゴの甘い香りもします。このあたりが熟成酒の凄いところだと思います。
 口当たりはたいへんマイルド、そして滑らかに舌を滑っていきます。角が取れており、ひっかかるものが何もありません。シルクを思わせる端正な口当たりです。
 そしてこの酒の最大の魅力はなんといってもその味わい。長期熟成させた事によるどっしりとした濃醇な旨味、枯れた甘味を感じます。ダイナミックに口中に広がる感覚は他の酒では体験できない部分でしょう。
 後口は驚くばかりのキレの良さがあります。普通、このタイプの酒は長い余韻で魅せるのが常識ですが、この酒は憎いばかりに静かに、そしてスパッとキレます。

 この酒はその個性的な味わいから一般受けするお酒ではないかもしれません。しかし、この酒の根強いファンは確実に存在していますし、当店でもケース単位で買って帰られるお客様までいらっしゃいます。盃を重ねることにより、この酒が良さがきっと見えてくる事でしょう。合わせる料理は脂っぽくて濃い味付けの料理なんかにピッタリです。時の流れでしか造れない味わいをぜひお楽しみ下さい。

日本酒度
+5
酸 度
1.8
原料米
高嶺錦
精米歩合
60%
酵 母
蔵付天然酵母
アルコール度
17.5度
タイプ
濃醇旨口
保 存
冷暗所

1800ml     3,250円 (税別)

(注) 買い物かごが作動しないときは、こちらの注文フォームをお使いください。

 


     百十郎 純米吟醸 「三枡紋 (みますもん)」
 岐阜県の北部、各務原市(かがみはら)に蔵を構える林本店。もともとは「榮一」という酒が有名でしたが、5代目蔵元、林里榮子さんが2012年に心機一転立ち上げたブランドがこの「百十郎(ひゃくじゅうろう)」です。三枡紋とは、歌舞伎役者初代市川団十郎が考案した紋。よく男物の浴衣にも使われているのでご存じの方も多いと思います。

 立香は穏やかでしっとりとしています。デリシャスリンゴ、メロンの落ち着いた果実の香り。和三盆のような品のある甘い香りが楽しめます。含み香はヨーグルトのリンゴ和えを思わせるクリーミーで甘酸っぱい香りが印象的。全体的にバランスのとれた落ち着いた香りが楽しめます。
 
 口当たりは柔らかくてシルキー。適度に熟した雰囲気があり、ふっくらとした舌触りが楽しめます。秋上がりした山田錦ならではの柔らかい口当たりが心地よいです。
 味わいは、柔らかくジューシーな甘味がふんわりと口中に広がり、芳醇で上質な旨味がそれに続きます。たいへんシルキーでリッチ。感触が良くてバランスのとれた味わいです。

 後口は、甘酸っぱい酸味がとてもキュートです。喉を通った後の充実感を楽しむことができ、リッチなアフターが楽しめる酒となっています。
 この酒は色んな温度帯で楽しむことができます。冷やしたり常温なら切れの良さを、もぬる燗ではまろやかで芳醇な旨味を堪能できるでしょう。合わせる料理は、賀茂なすの揚煮、高野豆腐と野菜の煮物、和牛のソテーなど。旨味の乗った料理とお楽しみください。

日本酒度
+3
酸 度
1.4
原料米
山田錦
精米歩合
60%
酵 母
蔵内保存株
アルコール度
16度
タイプ
芳醇旨口
保 存
冷蔵庫
1800ml     2,756円 (税別)
品切 

720ml     1,428円 (税別)
(注) 買い物かごが作動しないときは、こちらの注文フォームをお使いください。

 


     横山五十 純米大吟醸 黒ラベル
 前杜氏の引退とともに1990年より長らく日本酒の製造中断を余儀なくされた壱岐島の重家酒造。しかし、後継者である横山太三さんが近い将来、日本酒蔵を復活させたいという夢を持ち、山口・東洋美人の蔵を間借りして醸す酒が横山五十です。この黒ラベルは白ラベルと酵母を変えて風味のバリエーションを狙った逸品です。
 
 立香はリンゴ、バナナ、弱冠オレンジ。さらにライチやマンゴーのような魅惑的な香りが補足的に感じられます。全体的な香りは穏やかですが、しっかりとした存在感を感じるところが大きな特徴です。含み香はリンゴやパッションフルーツの香りが心地よく香ります。

 口当たりはリッチでスムース。芳醇でしっかりしたアタック。凛とした口当たりが楽しめます。たいへんボリューミーであるにも関わらず、その一方である種の軽さも感じさせるという絶妙な口当たりが楽しめます。
 味わいはキリッと引き締まった旨味が素晴らしいです!山田錦の味わいがクリアーに表現されています。ふっくらと広がっていく芳醇でフルーティな味わいはさすがだと思いました。
 
 後口は甘酸っぱい、爽やかな酸味が優しく酒を切ってくれます。白ラベルに比べて、キリッとした印象を受けるのはこの酸味のなせる業かと思います。鑑評会出品酒をおとなしくさせたような、バランスのとれた味わい。一杯の満足感を感じさせ、食前にワイングラスで乾杯したくなる酒。白ラベルに比べて生産量は少ないですが、様々なシーンで楽しめる素晴らしい1本です。

日本酒度
非公開
酸 度
非公開
原料米
山田錦
精米歩合
50%
酵 母
非公開
アルコール度
16度
タイプ
やや辛口
保 存
冷蔵庫
1800ml     3,676円 (税別)

720ml     1,838円 (税別)
品切 
(注) 買い物かごが作動しないときは、こちらの注文フォームをお使いください。

 


     松の司 純米吟醸 山田錦55%
 この酒は2016年3月に初リリース。それまで「純米吟醸トライアングル」と言われた「渡船」「心酔」「中取り」の3種類をこの酒に集約し、「松の司・純米吟醸」の中核を担う酒としてスタートしまた。季節限定品「あらばしり」の加水火入れタイプです。

 立香はメロン、マスカットのようなみずみずしい果実の香り、そしてリンゴのような甘い香りが印象的です。含み香はデリシャスリンゴのような蜜のある甘い香り、そしてイチゴを思わせる爽やかな香りが口中に広がります。全体的にとてもピュアな香りで華やかなのに嫌味がありません。料理としっかり溶け合う香りが素晴らしいです。

 口当たりはマイルドで滑らかです。まとわりつくような雑味が無く、クリアーな印象です。火入れ熟成由来の適度な粘性と力強さ感じさせ、ツルリと舌を滑ります。
 味わいは透明感のある芳醇で都会的な旨味、程よく熟れた果実のジューシーで上品な甘味が特徴です。味わいの表情が非常に立体的で奥行きとメリハリがあってジックリと味わえる酒になっています。

 後口の切れもシャープで素晴らしいです。松の司らしいジワリと舌に染込む酸味が風味の余韻を感じさせます。しっかりしたキレと楽しめる余韻、そのバランスに長けた最高の後口です。
 以前、石田杜氏と話した時「食に寄り添える」という事の大切さを力説されていました。この酒はまさにそれを具現化したような酒です。
 華やかだけど嫌味じゃない香り、芳醇だけど切れが良くて盃が重ねられる。そんな相反する要素が高い次元で融合した素晴らしい酒です。飲み頃は17〜20℃。旨味と切れのバランスが絶妙で香りも立ちます。

日本酒度
±0
酸 度
1.3
原料米
山田錦
精米歩合
55%
酵 母
自家培養酵母
アルコール度
16.5度
タイプ
芳醇旨口
保 存
冷蔵庫
1800ml     3,500円 (税別)

720ml     1,750円 (税別)
(注) 買い物かごが作動しないときは、こちらの注文フォームをお使いください。

 


     八海山の焼酎で仕込んだ 「にごり」 梅酒 限定品
■ 梅のペーストが入ったにごり梅酒です!

 この梅酒は「八海山の焼酎で仕込んだ梅酒 」に梅のペーストを加えたにごり梅酒です。
 
 「八海山の焼酎で仕込んだ梅酒 」は八海山本格米焼酎 黄麹三段仕込「よろしく千萬あるべし」の原酒に、 国産の良質な梅を仕込まれたプレミアム梅酒で、芳醇な旨味で大変陰気の高い梅酒です。

 その梅酒にペーストした梅を加えることで、より梅の風味を強調させ、同時にとろりとした口当たりを楽しめる梅酒に進化しました。

 他の梅酒に比べ、エキス分が高く、濃厚な味わいに仕上がっておりますので、ロックや水割り、ソーダーで割ってもお楽しみ頂けます。濃厚ですが味はサッパリ感があり、くどさを感じさせませんし、食後やデザート・果物などと一緒にお楽しみ頂けます。

 原材料にある「果糖」は、果物やハチミツ、野菜などに含まれる天然の糖で、この梅酒に使用している果糖はトウモロコシから抽出した「フルーツシュガー」と呼ばれている天然の甘味料。ですので安心してお召し上がりいただけます。芳醇でトロリとした甘味をお楽しみ下さい。

原材料
本格焼酎・梅・果糖
アルコール度
14度
保存
冷暗所
1800ml     3,143円 (税別)
品切 

720ml     1,524円 (税別)
品切 
(注) 買い物かごが作動しないときは、こちらの注文フォームをお使いください。

 


     義侠 純米吟醸 特A地区山田錦60% 原酒
 60%精米の「義侠」では1500kg仕込みの純米酒が有名ですが、このお酒はその60%の純米酒を更に進化させるべく、鑑評会に出品するお酒と同等の大きさ、つまり750kgの小仕込みによって醸されました。タンク1本だけの仕込みになります。
 もちろん仕込みは長期低温発酵の吟醸造り。原料米には東条町産特Aの山田錦。搾りはヤブタ式ではなく、昔ながらの槽式によるものです。槽搾りは、糟歩合の高い贅沢な搾りであるため、雑味の無いクリアーなお酒が搾れると言われています。

 香りは、洋ナシ系を中心にデリシャスリンゴをミックスしたような香り。華やかというより、落ち着きを感じさせる香りです。ほのかに香りを出すところに究極の食中酒、味吟醸を目指す「義侠」らしさがにじみ出ています。

 口当たりは、小仕込で丁寧に吟醸造りをされただけに、端正で滑らかなもの。純米吟醸らしさを感じる一瞬です。口に含んだ時のスムースさ、上品さは特筆に値すると思います。
 飲んでまず感じる事は「山田錦の旨味を綺麗に表現しているな」ということです。決して淡麗な酒ではないにも関わらず、その味わいに「綺麗さ」を感じます。この絶妙感が最高!
 後味は味のある酸味が全体を引き締め、上品な中にもキレの良さと力強さをあわせ持ったフィニッシュを約束してくれます。まさに、「義侠」らしい男酒です。
 同じ山田錦60%精米の酒でも、仕込み方によってこれだけ味わいが進化するんですね。氷温庫による1年間の熟成で角もとれ、円やかな味わいになりました。あまり冷やしすぎずに常温付近でお楽しみ下さい。程よい山田錦のコクが楽しめます。

日本酒度
+4
酸 度
1.3
原料米
山田錦
精米歩合
60%
酵 母
協会9号
アルコール度
16.8度
タイプ
淡麗旨口
保 存
要冷蔵
1800ml     3,400円 (税別)

720ml     1,700円 (税別)
(注) 買い物かごが作動しないときは、こちらの注文フォームをお使いください。

 



Copyright(C) SakenoSakaeya All rights reserved. Never reproduce or republicate without written permission.
Mail info@jizake.biz
Top http://www.jizake.biz